Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries
Category
Archives
お薦めPASMOクレジットカード




Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
見守りサービスの「まもレール」
0

    JR東日本が子供などの見守りサービスを提供開始しましたね。

     

    「まもレール」というサービス名です。

     

    「まもレール」の登録料は月額500円(税込)です。

     

    まもレールに登録したSuicaやPASMOで改札を通ると、

    親御さんなどへお知らせが届くサービスです。

     

    これと似たサービスは、

    既にPASMOでは東急などかやっていたと思いますが、

    東急のサービスは確か東急カードの会員のみだったと思いますので、

    このまもレールは利用したい方は登録すればできるという点が違うところでは。

     

    とりあえず、サービス開始当初は、

    サービス対象駅は山手線全29駅と中央線32駅とのことです。

     

    こういうサービスは使いたいと思っている親御さんは多いと思いますので

    もっと路線を広げてほしいですよね。

     

    たぶん、順次、サービスできる路線が増えていくと思います。

     

    posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    JR東日本が子供の改札通過お知らせサービスを
    0

      JR東日本が、PASMOとSuicaを使った子供を対象に、

      改札を通った時に保護者へメールでお伝えするというサービスを開始するようです。

       

      「まもレール」という名称で、

      2017年10月1日からサービス開始だそうです。

       

      サービススタート当初の対象駅は、

      山手線(全29駅)と中央線(32駅)とのこと。

       

      順次、対象駅は拡大されていくそうです。

       

      こういうサービスは確か、東急電鉄が既に始めていたはずです。

       

      子供を持つ保護者の方にとっては、

      このようなサービスがあるとありがたいのではないでしょうか。

       

      スマホのアプリで利用できるそうで、

      子供一人当たり月500円だそうです。

       

      改札口通過のお知らせでなく、

      その他にもサービスが用意されているようです。

       

      posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      モスバーガーでPASMO・Suicaでお支払OKに
      0

        モスバーガー、すごーく以前は、

        通勤の途中にお店がありましたので、

        けっこう利用していましたが、

        今はほとんど行っていないかな?

         

        年に1回、利用すればいいほうかも。

         

        郊外のショップが立ち並ぶ地域に買い物に行った時に、

        その一角にあるモスバーガーに立ち寄ることがたまーにあくらいです。

         

        そのモスバーガーで、PASMOやSuicaの交通系電子マネーを

        支払いに使えるようになったそうです。

         

        交通系の電子マネーならOKですので、

        ICOCA、Kitaca、TOICA、SUGOCA、manaca、nimoca、はやかけんでもOKです。

         

        ただ、モスバーガーで交通系の電子マネーを使っても

        ポイントは貯まらないのではないでしょうかね。

         

        モスバーガーは確か楽天Edyも使えるはずですので、

        支払いでポイントを貯めたいのでしたら

        楽天Edyを使うのがいいかも。

         

        ただ、PASMOもSuicaも、

        クレジットカードチャージでポイントを貯められますので、

        ポイントを貯めたいのでしたら、

        クレジットチャージを利用するといいです。

         

        posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        好きな写真でPASMO 東京メトロ
        0

          東京メトロがPASMOカードで好きな写真を

          プリントできるサービスを限定1万名で発行するようです。

           

          好きな写真でオリジナルデザインPASMOを作れるということですね。

           

          自分の写真でも、子供の写真でも、

          動物の写真でも、風景写真でも

          どんな写真をプリントしてオリジナルデザインPASMOを作れるようです。

           

          ただ、誰でも作れるというわけではないようです。

           

          「東京メトロイベントTouch」というイベント組織を立ち上げるそうで、

          その会員証にPASMO機能を付け、

          さらに、自分の好きな写真をプリントできる、

          ということらしいです。

           

          会員の募集は2017年6月1日からで、

          募集は3期に分けて合計1万名、

          中学生以上なら申し込み可、

          会員証の発行手数料として3300円(振込手数料・送料込み)

          というこです。

           

          ただ、記事を見ただけでは、

          「東京メトロイベントTouch」というイベント組織が

          どういう活動をするのかは分かりませんでした。

           

          posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          好きな写真でPASMO 東京メトロ
          0

            東京メトロがPASMOカードで好きな写真を

            プリントできるサービスを限定1万名で発行するようです。

             

            好きな写真でオリジナルデザインPASMOを作れるということですね。

             

            自分の写真でも、子供の写真でも、

            動物の写真でも、風景写真でも

            どんな写真をプリントしてオリジナルデザインPASMOを作れるようです。

             

            ただ、誰でも作れるというわけではないようです。

             

            「東京メトロイベントTouch」というイベント組織を立ち上げるそうで、

            その会員証にPASMO機能を付け、

            さらに、自分の好きな写真をプリントできる、

            ということらしいです。

             

            会員の募集は2017年6月1日からで、

            募集は3期に分けて合計1万名、

            中学生以上なら申し込み可、

            会員証の発行手数料として3300円(振込手数料・送料込み)

            というこです。

             

            ただ、記事を見ただけでは、

            「東京メトロイベントTouch」というイベント組織が

            どういう活動をするのかは分かりませんでした。

             

            posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            学生ETCカード作り方とおすすめETCカード
            0
              私が運営しているサイトの一つに
              学生の方がETCカードを作る時の手順や申し込み方法、
              そして、おすすめのETCカードを紹介しているサイトがあります。

              学生ETCカード作り方とおすすめETCカード

              学生の方がETCカードを作る方法としては、
              学生向けのクレジットカードを申し込んで、
              同時発行でETCカードも申し込む方法。

              そして、一般向けのクレジットカードだけれど
              学生の申し込みも受け付けているというクレジットカードに申し込んで、
              同時発行でETCカードも申し込むという方法です。

              学生の方は申し込みにあたって学生である証明書として
              学生書のコピーの提出、
              そして、20歳以下なら親など親権者の同意も必要です。

              申し込み時の審査については、
              学生の方は社会人ではありませんのて安定的な収入がありません。
              ですので、親権者の方が審査対象となります。

              自分のETCカードを作っておくと、
              自分の車以外、レンタカーや友達の車でも、
              ETCカードを車載器に差し込んで高速道路を走ることができます。


               
              posted by: pasmo01 | ETCカードサイト | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              PASMOにクイックチャージが追加
              0

                PASMOへクレジットカードからの

                オートチャージを利用している方は、

                今度、クイックチャージというサービスも利用できるとのことです。

                 

                クイックチャージとは、

                その都度、チャージが必要な時に、

                券売機などでチャージすることです。

                 

                オートチャージは、

                残額が設定した金額以下になると、

                設定した金額が自動的に、

                クレジットカードからチャージされるサービスです。

                 

                それに対して、クイックチャージは、

                オートチャージに紐つげしているクレジットカードから、

                好きな時にチャージできるというサービスです。

                 

                ですので、オートチャージサービスを利用している人が、

                クイックチャージサービスも使えるということになります。

                 

                ただし、PASMOカード内の残高が2万円以上の時は、

                クイックチャージができません。

                 

                また、現在のところ、クイックチャージに対応しているのは、

                東急の各駅の自動販売機だけと言うことです。

                 

                これから、順次、拡大していくようです。

                 

                posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                PASMOにクイックチャージが追加
                0

                  PASMOへクレジットカードからの

                  オートチャージを利用している方は、

                  今度、クイックチャージというサービスも利用できるとのことです。

                   

                  クイックチャージとは、

                  その都度、チャージが必要な時に、

                  券売機などでチャージすることです。

                   

                  オートチャージは、

                  残額が設定した金額以下になると、

                  設定した金額が自動的に、

                  クレジットカードからチャージされるサービスです。

                   

                  それに対して、クイックチャージは、

                  オートチャージに紐つげしているクレジットカードから、

                  好きな時にチャージできるというサービスです。

                   

                  ですので、オートチャージサービスを利用している人が、

                  クイックチャージサービスも使えるということになります。

                   

                  ただし、PASMOカード内の残高が2万円以上の時は、

                  クイックチャージができません。

                   

                  また、現在のところ、クイックチャージに対応しているのは、

                  東急の各駅の自動販売機だけと言うことです。

                   

                  これから、順次、拡大していくようです。

                   

                  posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  アップルペイ「モバイルSuica」でPASMO区間を利用できる
                  0

                    Apple Pay(アップルペイ)で「モバイルSuica」を使えるようになりましたが、

                    Suicaと相互利用関係にあるPASMO区間でもApple Pay(アップルペイ)「モバイルSuica」を利用できます。

                     

                    つまり、従来の携帯やアンドロイト・スモホでの「モバイルSuica」同様に

                    Apple Pay(アップルペイ)「モバイルSuica」でも、

                    PASMO利用できる電車・地下鉄・バスなどで利用できるということです。

                     

                    Apple Pay(アップルペイ)「モバイルSuica」で、例えば、

                    PASMO区間の駅で電車に乗って、PASMO区間の駅で電車を降りてもOKですし、

                    Suica区間の駅で電車に乗って、PASMO区間の駅で電車を降りてもOKですし、

                    PASMO区間の駅で電車に乗って、Suica区間の駅で電車を降りてもOKです。

                     

                    ただし、「モバイルSuica定期券」については、

                    PASMO区間の駅で電車に乗って、PASMO区間の駅で電車を降りる定期券は「モバイルSuica定期券」で利用できません。

                     

                    ですが、連絡定期券と言われる、

                    Suica区間の駅で電車に乗って、PASMO区間の駅で電車を降りる、

                    PASMO区間の駅で電車に乗って、Suica区間の駅で電車を降りる

                    という定期券は「モバイルSuica定期券」で利用できます。

                     

                    また、Apple Pay(アップルペイ)「モバイルSuica」は、

                    Apple Pay(アップルペイ)にあらかじめインストゥールされていめ「ウォレットアプリ」でも使えますが、

                    アップストアで「Suicaアプリ」をダウンロードして使うこともできます。

                     

                    これらApple Pay(アップルペイ)「モバイルSuica」につきましては、

                    こちらのページ「PASMO区間をiPhone Apple Pay(アップルペイ)のモバイルSuicaで利用できる範囲について」で詳しくご案内していますので、ご参照ください。

                     

                    posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    チャージ金額は1000円派が多い
                    0

                      あるサイトのアンケート調査結果で、

                      PASMOやSuicaへいくらチャージしますかという質問に、

                      1000円と答えた方が一番多かったようです。

                       

                      次に、3000円、5000円、10000円という順です。

                       

                      意外と1000円という人が多かったようです。

                       

                      なぜ、1000円という少額をチャージするのかという理由として、

                      チャージをした後にPASMOカードやSuicaカードを

                      落としたり紛失したりするといけないから、を挙げています。

                       

                      そういう理由を挙げられると、

                      確かにそういう心配はあるな、と私も思い直しました。

                       

                      少額のチャージだと、チャージをする回数が多くなって面倒だし、

                      ちょっと多い金額を使うと足りなくなると考えて、

                      5000円、10000万円をチャージする人も多いと思いますが、

                      紛失などのことを考えると少額をこまめにチャージする方法もありかと思いますね。

                       

                      ただ、これは、個々人の円が考え方ですよね。

                       

                      posted by: pasmo01 | PASMO(パスモ)関連 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |